• ホーム
  • アフターピルは皮脂を抑える働きも?ニキビ治療に有効

アフターピルは皮脂を抑える働きも?ニキビ治療に有効

アフターピルと言えば、通常は避妊に失敗した場合の緊急避妊薬として使用されます。
一般的なピルと違い、性行為後72時間以内に服用すれば効果を得られるとされており、排卵が起きるのを遅らせたり子宮内膜を薄くして剥がれやすくし、受精卵が来ても着床しにくい状態を作ることができるのです。
コンドームなどは正しく使えていなかったり破れてしまうことも多く、避妊法としては不確実な方法です。
万が一失敗してしまった場合は、すぐに婦人科を受診してアフターピルを処方してもらうと良いでしょう。
また、このアフターピルには避妊以外にも女性にとって嬉しい効果があるのです。
その効果とは、ずばりニキビの予防や症状の改善です。
そもそもニキビは、体内の男性ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌され、肌の常在菌が異常繁殖することで発生します。
雑菌が繁殖すれば毛穴などで炎症を引き起こし、赤くプックリとしたニキビを作り出してしまうのです。
アフターピルにはタンパク質が含まれており、服用すると血中でこの男性ホルモンと結合しやすくなります。
こうなると男性ホルモンは本来の働きをすることが出来ず、過剰に皮脂を分泌してしまうといった事態を防ぐことができるのです。
アフターピルを1日に1錠飲んでおけば皮脂を抑える効果が得られるので、ニキビに悩んでいる人は試してみると良いでしょう。
ただ、アフターピルは本来緊急避妊用に処方されるものなので、そう多くは処方してもらえません。
本来の用途ではないため、ニキビ治療に使いたいと言うと処方してもらえないこともあるので注意が必要です。
あまりに数が多かったり症状が酷いニキビの場合は、きちんと皮膚科で本格的な治療をするようにしましょう。

関連記事