• ホーム
  • アフターピルの成功率は?

アフターピルの成功率は?

自信を持っている女性

避妊に失敗してしまったときに便利なアフターピル。
性行為をしてから72時間以内にこの薬を服用すれば、望まない妊娠を避けることができます。
もちろん用法や用量を守ることが肝心ですが、それさえしっかり守っていればかなりの確率で避妊に成功することができるでしょう。
ただし成功率の高いアフターピルといえども、完璧に否認できるというわけではありません。
個人の体質や薬の種類にもよりますが、一般的には妊娠する確率を2割程度まで減少させることができるとされています。
この数値が高いか低いかはそれぞれの人の感じ方次第ですが、何もしなかった場合に比べるとかなりの確率で妊娠が避けられるのは確かですので、避妊に失敗した場合は速やかにアフターピルを服用するようにしたほうがいいでしょう。
またアフターピルを服用した場合でも、その後の対応次第では妊娠してしまう可能性があります。
アフターピルは排卵を遅らせることで妊娠を避ける効果を期待することができるのですが、アフターピルを服用した後の性行為が遅らせた排卵のタイミングと合致してしまうと、妊娠してしまうことがあるのです。
アフターピルが効いたかどうかはすぐに判明するものではなく、数日から数週間後に月経がきてはじめてわかるものなのです。
ですからこの薬を服用した後でも、性行為の際にはコンドームを使用するなど何らかの避妊対策をすることが大切です。
このようにアフターピルは避妊に効果があるものですが、完全に妊娠を防ぐことができるものではなく、使い方次第では妊娠してしまう可能性も十分あるものです。
効果を確かなものにしたいのであれば用法や用量をしっかり守ったうえで、正しい使い方をするように心がけましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧